女子医大生piyoの日記

医大生ブロガーのpiyoです。心機一転、はてなブログで書かせていただきます。

見るに耐えないポリクリ班

きっと世の中にいっぱいあるであろう、見るに耐えないポリクリ班の話を書かせていただきたいと思います。

ご存知の通り、ポリクリとは、早いところで4年生の後期から約1年かけて医学生がまわる病院実習のことです。

そしてその班は少ないところで2人、多いところで6人で構成されます。

構成は勝手に大学が決めてくることが多く、過去の痴情のもつれや現在進行形で交際関係にある人達等々は加味されている…との噂ですが、全部を学務が把握できるはずもなく、あってはいけない組み合わせになることもしばしばあります。

私は今クリクラ、というポリクリの一歩進んだバージョン、自分で行きたい診療科を選んで実習をするという形の実習を行っています。

もちろん、クリクラでまわる科にポリクリ生がまわってくるわけで、関りがあるのですが…

最近まわってきたポリクリ班がなかなかで。。

一人、諸事情につきよく話したことのあるP子ちゃん(別に仲がいいどころか、すごくひどいことを言われたこともある人)がまわってきて、まぁ過去のことですし、同じオペに立ち会ったので、休憩時間にお話しをしていたら、そこにその子と同じ班と思われる女の子がやってきて…

なーんか、嫌な態度なんですよね。女子特融のあれですよ。うわー、嫌いなやつきちゃったわ、なんでこっちくるの、みたいなのを無言でアピールしてくるあれです。

嫌な奴やな~と思ったので、

その子がいなくなってから、P子ちゃんに、班の仲はどう?と聞いてみたら、すごく嫌な雰囲気だ、という答えが案の定返ってきました。

集合時間、場所をわざと教えてくれなかったり、嘘の情報を教えたりするそうで、、
正しい答えを言っても、違うでしょってドヤ顔で言ってくる等々 (それをP子ちゃん以外の班員全員でするらしい)

たしかに、P子ちゃん、かなりの癖もので、正直やばい奴です。
昔されたことを思い出しても、決して許せることではないことをしてきた子なんですけど

それとこれとは話が別なんじゃないか。

確かに嫌いな人っていますけど、もう大人なんだし、それこそ将来医者になるのに、好き嫌いで態度わけるなよ…苦手な患者さんだっていっぱいくるだろうに将来どうするんだろう…って思っていました。
というかやってることは完全にいじめですし。

なんでしょうね、医学部に来る学生って精神年齢が比較的低い人が多いように思います。勉強ばかりしていて精神的に熟する期間がなかったのでしょうか。

嫌な態度をとってきた女の子、P子ちゃんと一緒にいるからと私にまで嫌~な態度とってきました。。後輩としてはいい子だと聞いていたんですけど、先輩に対する外面がいいだけでした。そんな人ばっかりなのかな。

私の意見をあたかも自分が考えた意見かのように言う人

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

タイトルどおり…

私が出した案を

いい案ですね、というのではなく

まるまる同じことを言いかえて
あたかも自分が考えたかのように言う人いませんか…?

それと

なんでもかんでも意見を否定してくる人。

そして、

みんな譲歩してるのに自分達だけ自分の意見押し通してくる人達


なんか毎日こういうのにすごくイラつかされてる自分にも腹が立ちます…




そんな自分もみんなを思い通りにしたいだけなのか

地域枠学生である ということ その1

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

久しく公開していなかったことについて書きたいと思います。
ブロガーになって1番書きたかったと言っても過言ではない内容です。

私自身6年間総額約2000万円の奨学金を借りて大学に通っております。

父は大企業の社員、母は専業主婦という、そこそこふつうの家庭です。

ご存知の通り私立大学の医学部に通っていますので、2000万円をもらうことで学費は半額以下の負担ということになります。

それでも一般家庭である私の家にはとてもキツイです。

奨学金2000万ってどうやってもらうの…?って、それはそう、地域枠という制度で大学に入学したからです。


地域枠とは、の話をする前に、まず、どんな意見が聞かれるか、ざっと書きだしてみたいとおもいます。

地域枠に対するよく聞く意見

地域枠ってどうせ頭悪いんでしょ?
田舎で働くとか可哀想〜
金返しちゃえばなんでもありなんでしょ?
金返しちゃって義務はたさない人ばっかりなんだから地域枠なんて無い方がいい
そもそも地域枠って何???

基本的にマイナス意見ばかりを耳にします。

地域枠とは 〜自治医科大学の場合〜

実は地域枠の制度は県によって違うのです。かの有名な自治医科大学の制度をベースに作られているところが多いようです。

自治医科大学では奨学金を借りた期間の1.5倍にあたる、計9年の義務年限
卒後2年までが研修期間
2年から5年が僻地での勤務
5年以降の2年間後期研修
残り2年僻地勤務

となっているようです。

自治医科大学の先生に聞くところによると、

義務年限を過ぎるまで専門医がとれない
義務年限を過ぎるまでそもそも自分の好きな診療科の仕事がなかなかできない

僻地には器具や人も揃っていませんからね、バリバリの外科医になりたくても、内科医にしかなれないわけです。

地域枠とは 〜私の利用する県の場合〜

自治医科大学では義務年限9年間となっていました。さて私の利用する県の場合は、というと自治医科大学の制度がベースとはいえど、かなり異なります。

1. ごりごり地域医療コース(原則らしい)
義務年限9年
卒後2年間初期研修
他7年間は指定医療機関 に1箇所あたり2〜3年勤務


2. 専門研修受けるよコース
義務年限9年…but 専門研修(いわゆる後期研修)の1年はなぜか含まれない(どちらかというと2年だけ認めてあげる)ため義務年限自体は10年となってしまう
卒後2年間初期研修
3年〜5年専門研修
後5年は指定医療機関 に1箇所あたり2〜3年勤務


この専門研修というのがどうやら
推奨診療科でないといけないようなんです。

推奨診療科は
内科系(内科、総合内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、神経内科)、
外科系(外科、消化器外科、 整形外科)、
救急科、麻酔科、小児科、産婦人科、総合診療科

そして指定医療機関が、自治医科大学とは異なるのです。
※あくまでも私の県の場合

自治医科大学の方々が行くのはいわゆる

ガチ僻地

離島のこともあれば、私の県にこんなところがあったのか…というところです、主に。

私の県の指定医療機関
内科系等は常勤医師計が 40 名以下
小児科は小児科に属する常勤医師が 1 名以上 5 名以下
産婦人科:産婦人科に属する常勤医師が 2 名以上 5 名以下(分娩を行っている医療機関に限る)

ざっとこのような感じに当てはまる病院です。

主要の市からさほど離れていない、高速道路使って30分もかからない、この病院ってそんなに大変なの…!?(実際とても大変な状況で、意外にも身近なところで医療崩壊が起こっているというわけです)というところで働きます。

そうなんです、決して全国の地域枠学生全員が離島、器具も何もないところに行くわけではないのです。

少し地方の、実はここでも医療崩壊が起こっている、というところで医療に従事するためにあります。

何度も言いますがあくまで私の県の場合、の話をしています。全国には47都道府県ありますからね。他の県は他の県の制度です。そして私の県の場合もかなり端折って説明してあります。尚、地域枠学生ですら、この長たらしい説明を理解していない学生が大半です。

成績悪くても入学できるのでは?

入学後の地域枠学生の成績は?

結婚子育てはどうするのか

地域枠で入って後悔しているか

等々についてはまた後日。長くても読みたくなくなりますからね。私がブロガーとして書きたかった内容ですから、是非色んな人に読んでもらいたいのです。次の記事はまた時間がかかるかもしれませんが、どうかお付き合いください。

弟の成人式の日でした

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

弟が大学に入るまではかなりのブラコンだった私ですが、本日はその弟の成人式でした。

弟も私も中学受験をしているということもあり、小学校単位の成人式は気が進まなかったものです。

(女の子は着付けのお金もかかりますしね…前で話す代表に選ばれたこともあり、行かざるを得ませんでした。)

弟は、男の子はスーツ着るだけだし、せっかくだから行きなよ〜と言ったら渋々?行ったようです。

結局当時の仲の良い子達と久しぶりに会えて幸せそうでした。

時々弟のクラスに友達と遊びに行って、弟の同級生の男の子と仲良くしたりしてて、

その男の子が、ものすごくお猿さんみたいで可愛かったんですよね〜💓

そして、その男の子の今の写真を見せてもらったら

面影がない…!!!!

まぁそんなもんですよね。
でもみんな元気なようで何よりですね。

友達になって欲しいとお願いした話

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

とあることでE君(Eに特に意味はない)に貸しをつくってしまった私。

お菓子でもくれるかなーと少し期待をしていたものの、お菓子をくれてからの、何かお礼をしたいと言われました。

お菓子がお礼じゃなかったんかーい!と突っ込む気持ちは抑えて、またお菓子で、って言ったらそれはそれでお菓子大好き人間みたいだしなぁ、

と考えて、
E君に何をして欲しいか1日考えたが

何も思い浮かばず、

それならご飯行こうよーと言いたいところでしたが
一年生の時に友達になりたくて?ご飯に誘ったら

2人は無理

と断られたこともあり

(その当時E君は同級生と付き合いたてだったようで、後からそれは知った…ということと、私の当時の友人には私がE君のことを好きだと思われていましたが、ただ仲良くなりたいなぁ、この人だったら仲良くしてくれそう、と思っただけで好きとかではなかったのに、それは好きってことだよ〜とか決めつけられてたり…と色々ある人)

自分からは誘えず…

思いついたのが

友達になってほしい

ということでした。

送ってから
あ、これ絶対きもいやつと思われたな〜と思っても時すでに遅し。

気長にラインを待っていたら
そんな当たり前のことでいいのー?

と…

私は何をこの4年間悩んでたんだー!!!!!

ということで、

ご飯に行くことになりましたが
場所どころか日程すら決まっていません。

またおじゃんになる気がしています…笑

外科の実習期間は暴食しがち

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

もうすぐ外科のクリクラ期間がおわります。
外科に興味がなくはないのですが、自分が女性であること、自分の体力、時期によって1時間だけでもオペ見学で迷走神経反射を起こしてしまうこと 等々を考えると将来進む診療科としては難しいのかな、と思うこの頃です。

ただ、何かしらの手技がやれる科に行きたいのですよね…これはギリギリまで進む診療科が決まらない気がします。

そんなこんなで、
外科をまわっていると、ポリクリの時もそうでしたが気づかないところでストレスが溜まっているようで

お昼も晩御飯もいつもの2倍くらいの量を食べてしまいます。

同じ悩みを抱えている人、多そうなのですがそうでもないのかなぁ。

晩御飯は、お刺身に手羽先とか食べてます。酒のつまみかよって感じですね。

明日から三連休ですね。
良い週末をお過ごしください。

あなたは「入れる」派?それとも…

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村


題名は公募しました笑

どこかの痔のお薬のCMで言ってたとかなんとか…

そうなんです、裂肛になりました。

3年ほど前に内痔核で某有名肛門外科に通院してたことがあり、そこでもらった薬がちょうど残っていたので勝手につかっております。

もう二度と肛門外科に行きたくないーといっても、あの肛門外科に行きたくないだけです。

その時の話を前のアメブロで書いたはずなのですが、どこかに記事が消えてしまっていたので、こちらで書かせていただこうと思います。

通院3回目の日、もう今日で卒業かな~と思って病院に行ったんです。
いつも通り、直腸診をまずするために診察室に入ったら看護師さんに、まずズボンと下着を脱いでくださいね~と言われ、看護師さんが消えたと思ったら知らないおじさんが診察室に入ってきました。

私の着替えているところを凝視してきたんですよそのおじさん。

ズボンを脱いだところで、まじで無理ってなって、着替えるのやめたら、はやく着替えろよとか言ってきて

ちょうど親と一緒にきてたので親にその旨を話したら、一緒に診察室に入ってきてくれて、看護師さんにしらないおじさんがいたんで看護師さんいてください、って言ったんです、そしたらおじさんがそれを聞きつけて、俺が診ないと治るのも治らん!!!はやく着替えろよ、患者さんたくさん待ってるんだよ、とか言い出したんですよね…

そう、、医者だったんですよね…

いや、いつもの先生に変えてください

と強くお願いして、変えてもらいました。

産婦人科の内診の時だって、下着とズボン、スカート脱ぐ姿見てないぞ???ふつうにセクハラだろ???は??

って思ったんですけどね

まぁ本当に怖かったです…今でもその時の光景がはっきりと思い出せるくらいです。

そんなこんなで肛門科に対するトラウマがあり、当分病院には行けませんね。